オール通販
グループサイト
その他のカテゴリ
ジュエリー[33]
バイク[17]
自動車[42]
陶器[21]
家具[28]
アパレル[94]
腕時計[78]
カテゴリで選ぶ
オーストリア[2]
ノルウェー[1]
スウェーデン[6]
スペイン[1]
ドイツ[20]
デンマーク[2]
イギリス[31]
スイス[41]
イタリア[52]
フランス[62]
韓国[2]
ギリシャ[1]
アメリカ[45]
日本[47]
国名で選ぶ
                                      
ブランド名 HP コメント 情報
Eberhard
エベラール
1935年には2プッシュボタンのクロノグラフの開発に成功し、イタリア帝国海軍の将校用として採用された実績を誇ります。
現在でも超高級、少量生産という姿勢を変えずに、時計づくりを続けています。
商品を買う
商品一覧@

商品一覧A
Gucci
グッチ
自らのイニシャルをモチーフにしたダブルGのモノグラムで一躍有名になりましたが、これは品質保証をするためにデザイナーの名を入れて販売するという発想から生まれたものです。 商品を買う
商品一覧@

商品一覧A
D&G
ドルチエ&ガッバーナ
英・日 情熱的で華やかなだけでなく、エレガントでゴージャスなデザインで注目のブランドです。現代と過去の融合を表現しようとする斬新なこだわりの姿勢は世界中から支持されています。 商品を買う
商品一覧@

商品一覧A
FENDI
フェンディ
伝統技術は、その後メード・イン・イタリ−の作りの良さ、クリエィティビティと深く結びついた洗練の美は、ニューヨークで最も人気を呼びました。イタリア製品が大人気となるきざしと重なって、フェンディ社の大きな発展に繋がったといいます。 商品を買う
商品一覧@

商品一覧A
BULGARI
ブルガリ
宝飾品に比べ腕時計製造の歴史は浅いのですが、その洗練されたデザイン力が高く評価され、20余年の間に時計のブランドとしても名を馳せるようになりました。 映画ロッキーで戦いが終わったリングで「エイドリアーン!」と叫びながら手にしていたのはブルガリのスネークのモデルです。 商品を買う
商品一覧@

商品一覧A
LANCASTER
ランカスター
伝統的なモチーフを意識しながら、イタリアらしいポップでカジュアルな時計作りをしています。いまだ、時計作りが大きな産業になっていない ので、生産が人気の上昇するスピードに合わず、常に品薄のブランドでもあります。 商品を買う
商品一覧@

商品一覧A
Lambretta
ランブレッタ
アイテム群は多岐に渡り、時計、メンズウェア、レディースウェアなど幅広く展開。こだわりをもつ、レトロなデザインは多くの人々を魅了しています。 商品を買う
商品一覧@

                                      
Alessandro Dell'Acqua
アレッサンドロ デラクア
95年、ベル・メーユ社が生産する「アー・アー・ミラノ(a|a milano)」をスタート。96年、「アレッサンドロ・デラクア(ALESSANDRO DELL'ACQUA)」の名でレディースウェアラインをスタート。1998-1999 A/Wよりメンズウェアラインをスタート。メンズ・レディース問わず「官能性」にこだわり、「ニットのスペシャリスト」を自認する。 商品を買う
商品一覧@
ALBERT AFERRETTI
アルベルタ フェレッティ
スポーツコレクション「アルベルタ・フェレッティ テック(ALBERTA FERRETTI TECH)」を開始。同年ムーンシャドー社を買収する。東京・青山の骨董通りに日本初の路面店をオープン。 商品を買う
商品一覧@
商品一覧A
ANNA MOLINARI
アンナモリナーリ
淡い色使いと羽衣のような布使いでとてもエレガントな雰囲気を醸し出すのが印象的。ちょっとかわいく、子悪魔的にセクシーに攻めたいときにはアンナ・モリナーリのドレスが最適であろう。 商品を買う
商品一覧@
VERSACE
ヴェルサーチ
ファッションの仕事をしていた母からの影響を色濃く受けた彼が、頭に描いてデザインする女性は「知性的で男と同等に働く女性で、プライベートな内面にやさ しさ、デリカシー、女らしさを持つひと」。作風は力強くセクシーでゴージャスなもの。最高級服地を使ったシンプルな作品群はカッティング、縫製とも完ぺき の域に達し、ステイタス・ファッションとなっている 商品を買う
商品一覧@
商品一覧A
ETRO
エトロ
エトロのショップは、ブランドイメージや社長のアンティーク好きに合わせて、装飾的で厳かな感じである。ある程度年齢の高い落ち着いた人達がお買い物をしやすいブランドであるといえよう。 商品を買う
商品一覧@
商品一覧A
EMILIO PUCCI
エミリオ プッチ
抽象的とも幾何学的とも表現し得る独特のテキスタイルプリントのシルクジャージ素材は、日本においては「プッチ柄」と称され、あまりにも有名である。この手のプリント柄物はともすれば派手で軽薄になりがちなのであるが、そこにエレガンスさを残存させ得たところに、エミリオ・プッチの人気の秘密があるのであろう。 商品を買う
商品一覧@
商品一覧A
EMPORIO ARMANI
エンポリオ アルマーニ
英・日 2000年秋冬コレクションからはビジネスラインとしてメンズ・レディスを統合した「アルマーニコレッツオーニ」をスタートさせます。素材の品質のよさを追求し続け、シルエット、デザイン、着心地の良さをも追い求めるアルマーニのデザインはとどまることを知りません。 商品を買う
商品一覧@
商品一覧A
GUCCI
グッチ
自らのイニシャルをモチーフにしたダブルGのモノグラムで一躍有名になりましたが、これは品質保証をするためにデザイナーの名を入れて販売するという発想から生まれたものです。 商品を買う
商品一覧@
商品一覧A
GIORGIO ARMANI
ジョルジオ アルマーニ
英・日 彼の作品は、70年代半ば以降に人気が出たエグゼクティブな男女向けのスーツが代表的である。男性服出身デザイナーだけに、仕事着が本領なのである。日本でブランド志向の高まった80年代に、アルマーニ現象として登場したことは記憶に新しい。 商品を買う
商品一覧@
商品一覧A
GIAN FRANCO FERRE
ジャンフランコフェレ
作風は、モダン・デザインとミラノの伝統産業との結合といわれるように、重厚かつ活動的で、エレガンスなものが中心。美しい色づかいとシャープで構築的な形式は、緻密かつ大胆な発想にもとづき、細かく計算された造形性が、建築家としての風貌をみせる。 商品を買う
商品一覧@
商品一覧A
JIL SANDER
ジル サンダー
ジル・サンダー女史のデザインはミニマリズムの典型。シャープなカッティング、シンプルで機能的な服作りが特徴である。店頭にあるジル・サンダーのアイテムは、個人的には価格設定が少し高めの印象がある。 商品を買う
商品一覧@
商品一覧A
TRUSSARDI
トラサルディ
英・日 トラサルディのアイテムは、ショップにある商品もコレクションアイテムも、未だ現代的なものとまでは至っていない。それゆえ、若い年代層が着るのにはかなりの工夫が必要であろう。 商品を買う
商品一覧@
商品一覧A
Dolce&Gabbana
ドルチェ&ガッバーナ
英・日 "スタイルとは内にあるもので、それを追求し、選択する者自身である"というのをコンセプトとし、自由かつ確実なライフスタイルそのものを提案する。俗に"モダンバロック"と呼ばれる、情熱的且つ華やかな半面、エレガントでゴージャスな服作りを根幹に置く一方、斬新で妙なこだわりが特徴的。 商品を買う
商品一覧@
商品一覧A
NARCISO RODRIGUEZ
ナルシソ ロドリゲス
斬新な素材を現代的な手法で節々で用いる一方で、シンプル且つ確実なシルエットで、エレガントでありながら切れ味の鋭い服を作る。 商品を買う
商品一覧@
商品一覧A

NEIL BARRETT
ニール・バレット
シンプルでスマートなシルエットに、機能的で安価な素材使い、シャープなカッティングに定評がある。「クリーン & ワン・エクストラ・シング」をコンセプトに、リアルでアクティブな服作りが印象的。 商品を買う
商品一覧@

Pierre Cardin
ピエール カルダン
既製服だけでなく、魔法瓶、ボールペン、タオルなどにカルダンの名が冠され、日本人が最初に認知した高級ブランドとなった。しかし、多くの海外ブランドが 日本に入ってきた80年代以降、そのライセンス商品が、かえってブランドの高級感を損なうことになり、国内では今、ライセンスを減らしイメージの復権に力 を入れている。 商品を買う
商品一覧@
商品一覧A
FENDI
フェンディ
ラガーフェルド考案の、コートの裏地のFを組み合わせたダブルFのモノグラムをジャガード織地のバックにも使い、以後、このモノグラムは世界中の女性たちの憧れとなる。特に日本では、その傾向が著しい。 商品を買う
商品一覧@
商品一覧A
BULGARI
ブルガリ
英・日 1884年、ソティリオ・ブルガリがローマのシスティーナ通りに最初の店を開く。ソティリオはギリシャで代々銀細工師を務めてきた家系の生まれで、技術はブルガリ家の歴史の中で一、ニを争ったといわれる。 商品を買う
商品一覧@
商品一覧A
PRADA
プラダ
「日常を贅沢に飾る」をコンセプトとし、現代的で革新的な素材使いやデザインの斬新さと、伝統や歴史等の過去とのみごとな調和で世界的なブームを巻き起こす。彼女ほど女性の内面を表現できるデザイナーはいないと評される。 商品を買う
商品一覧@
商品一覧A
BENETTON
ベネトン
世界制覇を実現した要因は、購買行動を促させるための通常の広告とは趣が異なった、独特な広告戦略にあった。商品そのものの宣伝広告はショーウ インドーで見せることが一番だという判断で、商品そのものや説明を一切登場させず、人々へさまざまな問題提起を投げかけるメッセージによって、ベネトンの ブランド・イメージを強めることを目的としていた。 商品を買う
商品一覧@
商品一覧A
MISSONI
ミッソーニ
レディースを中心にアンジェラにかかるプレッシャーは大きいものであったが、ニットの世界に革命をもたらした両親の後にやるべきことは伝統を未来へとつな ぐことだと彼女は認識している。具体的には、レジャー・ウェアに偏りがちだったコレクションをもっと新鮮に都会的なものにすること。 商品を買う
商品一覧@
商品一覧A
mila schon
ミラショーン
リバーシブル地で作ったスーツやコート、ビーズをふんだんに使ったイヴニング・ドレス、完成度の高いテーラリングなどが有名。また、イタリアらしいシンプ ルな長く着用できるデザインを特徴としている。テクニックでは、ダブルフェイス・ウールを用いた高度な縫製技術や、皺になりにくいしっかりした仕立てなど に定評がある。 商品を買う
商品一覧@
商品一覧A
MOSCHINO
モスキーノ
神話と真剣さを衣服に注ぎ込むのを嫌い、パロディー作品も数多く作成したモスキーノ。キッチュ的な遊びが興じて、ルイ・ヴィトンやシャネルなど、他のブラ ンドとの著作権闘争が絶えなかった。特に、自分の香水をTシャツに垂らし、テレビの舞台で「シャネルの5番」と公言したのは有名。 商品を買う
商品一覧@
商品一覧A
                                      
GUCCI
グッチ
自らのイニシャルをモチーフにしたダブルGのモノグラムで一躍有名になりましたが、これは品質保証をするためにデザイナーの名を入れて販売するという発想から生まれたものです。 商品を買う
商品一覧@

商品一覧A
Dolce&Gabbana
ドルチェ&ガッバーナ
英・日 情熱的で華やかなだけでなく、エレガントでゴージャスなデザインで注目のブランドです。現代と過去の融合を表現しようとする斬新なこだわりの姿勢は世界中から支持されています。 商品を買う
商品一覧@

商品一覧A
BULGARI
ブルガリ
英・日 代表的な作品は、ローマやギリシャのアンティーク・コインをモダンジュエリーに取り入れたコレクションです。歴史の素晴らしさを受け継ぎながら、それらを モダンなデザインにして蘇らせるのがブルガリ・スタイル。ブルガリによって生み出された斬新なジュエリーは、現在でも色あせることなく、世界中の女性たち に愛され続けています。 商品を買う
商品一覧@

商品一覧A
                                      
edra
エドラ
これまで見たこともないような先鋭的なデザインで、数多くの話題作を生み出したイタリアの家具メーカー。ユニークな形態のソファをつくり、マゼイ社は、斬新な色使いやパターンの収納家具で時代をリードしています。 商品を買う
商品一覧@
I4 MARIANI
クアトロ・マリアーニ
丈夫で、可塑性に富んだサドルレザーを、デスクトップやキャビネットの全面に張った家具をつくり脚光を浴びたメーカー。3mm厚のサドルレザーを家具に張るための技術をマスターし、 世界中のVIPのオフィスで使用され続けています。 商品を買う
商品一覧@
zanotta
ザノッタ
ソファメーカーとして誕生。その秀でた発想力、開発力、技術力によって成長を始めました。60年代に入り、前衛的な活動を展開していたデザイナー達を起用することによって、現在知られるところのザノッタ社の基礎となるスタイルを構築しました。 商品を買う
商品一覧@

Fasem
ファセム
メタルワークとハードレザーに精通したファセム社は、他では真似の出来ない革へのこだわりと熟練した職人技とハイテクノロジーの融合により、独自の製品を生み出すイタリア・ピサを代表とするインテリアブランドへと成長しました。 商品を買う
商品一覧@
porada
ポラダ
一般的には「職人」と呼ばれる人たちの手によって「ポラダ」は作り出されている。確かに彼らはマエストロ(芸術家)ではない。ただ、ポラダの工房から生み出される家具のあまりにも見事な美しさは、彼らを単に「家具の職人」と呼ぶことをはばかるだけのエネルギーに溢れている。 商品を買う
商品一覧@

Molteni&C
モリテーニ
デザイナーの間では「モルテーニの技術をもってすれば不可能が可能になる」と語られているほど彼らの持つ技術は世界屈指のものである。シリーズ「505」「GLOBO」「PASS」など、化粧パーチクルボードによるシステムユニットを他の追随を寄せつけないその品質とデザイン力でリードしてきた。 商品を買う
商品一覧@
Rossi di albizzate
ロッシ・ディ・アルビザーテ
特殊製法でなめした仔羊の革である「ボルボネーゼ」は、ファッション用の素材として知られています。この革を使う世界で唯一の家具メーカー。高級感に優れた製品は、世界中の家庭、オフィスのステイタスになっています。 商品を買う
商品一覧@
                                      
RICHARD GINORI
リチャードジノリ
1735年、カルロ・ジノリ伯爵が、イタリアのトスカーナ地方に窯を作ったことに端を発する。原料などの研究を重ね、小作人から選ばれた者を訓練し、陶磁器の生産に努めた。 商品を買う
商品一覧@

商品一覧A

                                      
ALFAROMEO
アルファロメオ
日本国内でも比較的目にする機会が多いのではないでしょうか。高級なコンパクトカー、といったイメージが定着しているようですが、戦前は超高級車メーカーというイメージが強かったそうです。 商品を買う
商品一覧@
FIAT
フィアット
一時はイタリア国内でのほとんどのシェアをフィアットが占めていましたが、最近はあまり勢いがないようです。こちらもアルファロメオと同様に「少し高級なコンパクトカー」といった印象が日本国内では強いのではないでしょうか。 商品を買う
商品一覧@
LANCIA
ランチア
フィアットのワークスドライバーだったビンチェンツォ・ランチアが、1906年に創立。翌年には2500ccの4気筒エンジンを搭載する12HPを発表する。これが後にα(アルファ)と呼ばれるようになり、ランチアの車名にベータ、ガンマ、デルタ…といったギリシャ文字が使われるきっかけとなった。中でも 有名なのはデルタ。 商品を買う
商品一覧@
FERRARI
フェラーリ
フェラーリの傘下(ちなみにフェラーリはフィアット傘下)にあるマセラティは、本国イタリアを始め世界中で「フェラーリのエンジンを搭載した日常用自動車」、という位置付けで高い評価を得ています。 商品を買う
商品一覧@
MASERATI
マセラティ
フェラーリの傘下(ちなみにフェラーリはフィアット傘下)にあるマセラティは、本国イタリアを始め世界中で「フェラーリのエンジンを搭載した日常用自動車」、という位置付けで高い評価を得ています。 商品を買う
商品一覧@
LAMBORGHINI
ランボルギーニ
ランボルギーニがトラクターメーカーだったことは有名。だが、なぜスポーツカーを製造するようになったかは諸説紛々。 87年にはクライスラー傘下、1993年インドネシアのメガテック社傘下、そして1999年にはアウディ傘下と流浪の歴史をたどる。 商品を買う
商品一覧@
                                     
Ducati
ドゥカティ
近年はモンスターというネイキッドバイクの販売数量が伸びており、2006年度にはモタード風の車種が販売予定など、スーパーバイクメーカーから幅広い車種を持つメーカーへと脱皮を計っている。 商品を買う
商品一覧@
商品一覧A
Aprilia
アプリリア
モータースポーツでの活躍もあり、日本ではイタリア車としてドゥカティビモータと並び知名度の高いブランドである。 商品を買う
商品一覧@
商品一覧A
CAGIVA
カジバ
93年にCZを買収し、わずか10数年で巨大バイクメーカーに成長する。しかし、バイク市場の競争激化により、経営危機に。再建策のひとつとして、99年ドゥカティを売却。その後、MVアグスタブランドの復活とともに、社名もMVアグスタモーターと変更する。 商品を買う
商品一覧@
Bimota
ビモータ
2001年に自社製500cc2ストロークV型2気筒エンジンを搭載した「V-due」を発売するが、商業的、技術的問題により失敗し、倒産に至るものの、ブランドが買収されて復活。今後は日本製のエンジンを搭載した新型の予定は無いと言う。 商品を買う
商品一覧@
VOR
ヴォー
車種としてはエンデューロ、スーパーモタードがあり、海外のレースで入賞もしている。SOHC4ヴァルブ、カムギャートレーン、カセット式変速機を備えている点が特徴。そのためか独特のエンジン回転フィーリングをもち非常に高品位と評価が高い。
商品を買う
商品一覧@
バイク
腕時計
アパレル
ジュエリー
家具
陶器
自動車
世界の時計・ファッション・ジュエリー・インテリア・家具・車・バイクブランド情報を国別に紹介! イタリアのブランドショッピング情報
イタリア /
腕時計[7] アパレル[23] ジュエリー[3] 家具[7] 陶器[1] 自動車[6] バイク[5]
COPYRIGHT (C) 2008-2014 World Brand-Shop ALL RIGHTS RESERVED.
HOME