オール通販
グループサイト
その他のカテゴリ
ジュエリー[33]
バイク[17]
自動車[42]
陶器[21]
家具[28]
アパレル[94]
腕時計[78]
カテゴリで選ぶ
オーストリア[2]
ノルウェー[1]
スウェーデン[6]
スペイン[1]
ドイツ[20]
デンマーク[2]
イギリス[31]
スイス[41]
イタリア[52]
フランス[62]
韓国[2]
ギリシャ[1]
アメリカ[45]
日本[47]
国名で選ぶ
                                     
ブランド名 HP コメント 情報
CHEVROLET
シボレー
GMグループのスポーツカーと大衆車を担当するシボレーは、ルイス・シボレーが1911年に創設したシボレー・モーターカンパニーから始まる。 商品を買う
商品一覧@
CHRYSLER
クライスラー
1987年にアメリカ第4の自動車メーカーであるアメリカン・モータースを吸収合併。ジープがクライスラー傘下に配置されることになる。そして1998年、ダイムラー・ベンツとの大型合併で、新たな一歩を踏み出した。 商品を買う
商品一覧@
FORD
フォード
1901年10月に、フォードの創業者であるヘンリー・フォードがカーレースに出場し、見事優勝しました。そこで得た名声をもとに1903年に会社としてのフォードが誕生します。 商品を買う
商品一覧@
CADILLAC
キャデラック
ロールス・ロイスやリンカーンなどと並び、アメリカのみならず、世界を代表する 高級アメリカ車ブランドとして知られる。長年に渡り、ライバルのリンカーンとともにアメリカ大統領の専用車として使用されている。 商品を買う
商品一覧@
GMC
ジーエムシー
アメリカ合衆国ミシガン州デトロイトに本社を置く世界最大の自動車メーカー。複数のブランドを所有し、南北アメリカ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアなど世界中に生産拠点を設けている。 商品を買う
商品一覧@

Dodge
ダッジ
今後リリースされるモデルはレギュラーキャブ、クアドキャブそれぞれ2WDと4WDの合わせて4モデル。ボ ディカラーは伝統のネーミングが復活した「Go Mango!」とシルバーメタリックの2種となっている。将来コレクターズアイテムになること必至なラムの登場である。 商品を買う
商品一覧@
LINCOLN
リンカーン
1989年に納入されたリンカーンが現在のところ最後の『プレジデンシャル・リンカーン』である。ライバルのキャディラックは1983年、1993年、2001年、2005年にリムジンをホワイトハウスに納入している実績を誇っているのに比べ、やや低調なところである。 商品を買う
商品一覧@
SATURN
サターン
日本へは1997年に「礼をつくす会社、礼をつくすクルマ」というキャッチコピーで進出したが、販売量が低迷したまま、わずか4年で撤退した。
 
商品を買う
商品一覧@
HUMMER
ハマー
米国ではフォード社のリンカーン・ナビゲーターとともに、高級SUVとして人気があり、ジョージ・ウォーカー・ブッシュ大統領やカリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガーなどもオーナーである。日本での著名なオーナーは岩城滉一、木村拓哉などが挙げられる。 商品を買う
商品一覧@
                                     
TOYOTA
トヨタ
おそらく技術力では世界トップだと思われます。上は超大型高級車から、下は軽自動車まで車という車全てのラインナップを全て自社グループのみで作ってしまえる日本で唯一の企業です。 商品を買う
商品一覧@
NISSAN
ニッサン
現在、トヨタ自動車に次ぐ国内第2位の自動車メーカーを奪回した。赤・白・青は、日産自動車のコーポレートカラーにもなっていて、トリコロールの愛称で日産らしさの象徴としても親しまれている。 商品を買う
商品一覧@
HONDA
ホンダ
北米では大衆車ブランドのHondaと高級車ブランドのAcuraで展開しており、大衆車で大きなシェアを占める。北米における売上げは、大きな収入源となっている。北米を含む海外では、国内では販売していないATVや船外機、水上オートバイなども取り扱っている。 商品を買う
商品一覧@
MAZDA
マツダ
バブル期から1990年代末にかけて、フランス・シトロエン車やイタリア・ランチアの輸入をしていた時代もある。シトロエンは系列のユーノス店 、BXやエグザンティアが販売され、ランチアは一部のオートザム店でテーマやデルタやアウトビアンキ・Y10を販売していたが、フォードとの関係強化に伴い撤退した。 商品を買う
商品一覧@
MITSUBISHI
ミツビシ
モータースポーツ事業に力を注ぎ、WRCやパリ・ダカール・ラリーに参戦し、総合優勝をはじめとした好成績を多く残している。「ランサー」と「パジェロ」はあまりにも有名である。 商品を買う
商品一覧@
SUBARU
スバル
現在広く使われているスチールベルト式CVTの先祖に当たるCVT/i-CVTを開発したが、大排気量車向けの開発に頓挫、小排気量車向けのみが同社車種及びイタリアFIAT社のプント、パンダに搭載された。CVTの技術はその後日産にライセンスされ、ハイパーCVTのベースとなった。 商品を買う
商品一覧@
SUZUKI
スズキ
四輪車、二輪車メーカーの一つで、四輪車は軽自動車が主力だが、小型、普通車とも、躍進が著しい。自動車以外ではモーターボート、船外機、発電機、住宅を手がける。 商品を買う
商品一覧@
ISUZU
イスズ
日本国内の自動車メーカーの中で最も古い歴史を持つメーカーであり、ディーゼルエンジンの技術に定評がある。 商品を買う
商品一覧@
MITSUOKA
ミツオカ
日本で10社目の、自動車メーカーです。独創的な車、クラシック系統の車が多い。 商品を買う
商品一覧@
                                     
MercedesBenz
メルセデス ベンツ
安全性に関してはかなりの定評があり、メルセデス・ベンツはすでに1940年代からクラッシュ・テストを導入し設計に取り入れ、安全性を追求し ているという実績がある。メンテナンスを定期的に行い大切に扱えば、メルセデス・ベンツは 数十年もの間実用に耐えることができると言われている。 商品を買う
商品一覧@
VOLKSWAGEN
フォルクスワーゲン
フォルクスワーゲンの魅力は、長距離ドライブを快適かつ安心して楽しめるといいうドイツ車らしい重厚感や、高い品質、そしてその魅力的なデザインである。ドイツ車にしては珍しく、遊び心溢れるデザインの車が多い。 商品を買う
商品一覧@
BMW
ビーエムダブリュ
エンジンが長く重くなっても、完全バランスと点火間隔の均等性に拘っている。運転者にとってはそれが非常に心地よいエンジンの響きとなって感じ られるからだ。運転者の気持ち良さ、乗り心地を第一に考えて自動車を設計するメーカーそれがこだわりなのである。 商品を買う
商品一覧@
OPEL
オペル
アダム・オペルがオペル社を創業。当時は自動車メーカーではなくミシン製造メーカーだった。その後1899年になるとオペルは自動車の製造を開始、国内の他メーカーよりも開始は遅かったものの、第一次世界大戦前にはドイツ最大のメーカーに成長していた。 商品を買う
商品一覧@
AUDI
アウディ
ホルヒを設立したA=ホルヒが同社を去り設立した新会社がアウディ。アウディの名を一気に高めたのは、オンロード用4WDシステムのクワトロだった。 商品を買う
商品一覧@
PORSCHE
ポルシェ
性能面だけを見ると、今はポルシェ以上のものが世の中にいくつも登場しており、さらにそれらの値段はポルシェよりも安価だ。しかし、やはりスポーツカー=ポルシェという図式を覆す車はなかなか登場する気配はなく、ポルシェの圧倒的ブランド力はいまだに健在であるようだ。 商品を買う
商品一覧@
                                     
ALFAROMEO
アルファロメオ
日本国内でも比較的目にする機会が多いのではないでしょうか。高級なコンパクトカー、といったイメージが定着しているようですが、戦前は超高級車メーカーというイメージが強かったそうです。 商品を買う
商品一覧@
FIAT
フィアット
一時はイタリア国内でのほとんどのシェアをフィアットが占めていましたが、最近はあまり勢いがないようです。こちらもアルファロメオと同様に「少し高級なコンパクトカー」といった印象が日本国内では強いのではないでしょうか。 商品を買う
商品一覧@
LANCIA
ランチア
フィアットのワークスドライバーだったビンチェンツォ・ランチアが、1906年に創立。翌年には2500ccの4気筒エンジンを搭載する12HPを発表する。これが後にα(アルファ)と呼ばれるようになり、ランチアの車名にベータ、ガンマ、デルタ…といったギリシャ文字が使われるきっかけとなった。中でも 有名なのはデルタ。 商品を買う
商品一覧@
FERRARI
フェラーリ
フェラーリの傘下(ちなみにフェラーリはフィアット傘下)にあるマセラティは、本国イタリアを始め世界中で「フェラーリのエンジンを搭載した日常用自動車」、という位置付けで高い評価を得ています。 商品を買う
商品一覧@
MASERATI
マセラティ
フェラーリの傘下(ちなみにフェラーリはフィアット傘下)にあるマセラティは、本国イタリアを始め世界中で「フェラーリのエンジンを搭載した日常用自動車」、という位置付けで高い評価を得ています。 商品を買う
商品一覧@
LAMBORGHINI
ランボルギーニ
ランボルギーニがトラクターメーカーだったことは有名。だが、なぜスポーツカーを製造するようになったかは諸説紛々。 87年にはクライスラー傘下、1993年インドネシアのメガテック社傘下、そして1999年にはアウディ傘下と流浪の歴史をたどる。 商品を買う
商品一覧@
                                     
ROVER
ローバー
1884年二輪車の製造を開始、1904年に自動車製造を開始した歴史あるブランドである。中型サルーンを中心としたラインナップを現在でも展開している。イギリス王室に納入された車種もあり、現在も良きイギリスの伝統をセールスポイントとしている。 商品を買う
商品一覧@
LANDROVER
ランドローバー
国内向けにミドル・セダンを生産していたローバーだが、第二次世界大戦後に輸出優先の資材配給政策が始まると、戦後の混乱時に輸出して売れるクルマが必要になった。それはジープのような4WD車。 商品を買う
商品一覧@
JAGUAR
ジャガー
現在でも名が残っているXJは、1968年のXJ6が最初だ。1972年にはEタイプのV12エンジンを積んだXJ12も発表され、以降、XJの名とV12はジャガーの代名詞となった。 商品を買う
商品一覧@
ROLLSROYCE
ロールスロイス
ロールス・ロイスのドライバーズカーという位置付けのベントレーは、1931年にロールス・ロイスに買収されたメーカーだ。また、初期のロールス・ロイスは、エンジンとシャシーのみのメーカーで、ボディはパークワードやマリナーといった専門メーカーが製造していた。 商品を買う
商品一覧@
Astonmartin
アストンマーティン
アストンマーチンは、ボンド・カーのヴァンキッシュで久しぶりに脚光を浴びた感があるが、1922年の創立以来、一貫して最高級スポーツカーを作り続けてきたトップブランドの一つだ。   商品を買う
商品一覧@
TVR
ティーブイアール
2003年には西部警察での人身事故が発生したが、皮肉にもこの事件によって日本でのTVRの知名度は飛躍的に向上した。 2004年にロシアの大富豪、ニコライ・スモレンスキーがTVRを買収、社長に就任した。
商品を買う
商品一覧@
                                     
PEUGEOT
プジョー
現在、プジョーが発表する車名は中央に「0」を挟んだ3桁の数字で統一されているが、この表記は商標登録されているため、ポルシェの「901」の発売時、「911」と車名変更せざるを得ない状況に追い込んだ、というエピソードは非常に有名。
商品を買う
商品一覧@
CITROEN
シトロエン
1913年、アンドレ・シトロエンが始めたギア工場こそが、現在フランスを代表する一流自動車メーカーであるシトロエンの起源。 商品を買う
商品一覧@
RENAULT
ルノー
ルイ・ルノーに始まった欲張りなまでの探求心は、ルノーの神髄として今日に至るまで全てのルノー車に受け継がれています。 商品を買う
商品一覧@
                                     
VOLVO
ボルボ
ボルボのイメージは、ずばり「おしゃれなクルマ」。そのイメージを定着させたのは850シリーズだろう。まず1993年、イタリアのワールド・モスト・ ビューティフルカーという賞を850シリーズが受賞し、その翌年には日本でも、850エステートがグッドデザイン大賞に選出されている。 商品を買う
商品一覧@
SAAB
サーブ
サーブは、国営の航空機製造会社として1937年に設立。スウェーデン空軍に戦闘機や爆撃機を供給するほか、中立国という立場から他国へも戦闘機などを輸出していた。 商品を買う
商品一覧@
                                         
HYUNDAI
ヒュンダイ
韓国を代表する乗用車、RV、トラック、商用車メーカー。 商品を買う
商品一覧@
世界の時計・ファッション・ジュエリー・インテリア・家具・車・バイクブランド情報を国別に紹介! 世界の自動車メーカーショッピング情報
自動車 /
アメリカ[9] 日本[9] ドイツ[6] イタリア[6] イギリス[6] フランス[3] スウェーデン[2] 韓国[1]
COPYRIGHT (C) 2008-2014 World Brand-Shop ALL RIGHTS RESERVED.
HOME