オール通販
グループサイト
その他のカテゴリ
ジュエリー[33]
バイク[17]
自動車[42]
陶器[21]
家具[28]
アパレル[94]
腕時計[78]
カテゴリで選ぶ
オーストリア[2]
ノルウェー[1]
スウェーデン[6]
スペイン[1]
ドイツ[20]
デンマーク[2]
イギリス[31]
スイス[41]
イタリア[52]
フランス[62]
韓国[2]
ギリシャ[1]
アメリカ[45]
日本[47]
国名で選ぶ
                                     
ブランド名 HP コメント 情報
WEDGWOOD
ウェッジウッド
「英国陶工の父」ジョサイア・ウェッジウッドによって1759年、イギリス中部の窯業地に創設された。1764年に工場を移転し、クリームウェアを完成。のちに王妃によって「クィーンズウェア」と呼ぶことを許された。 商品を買う
商品一覧@
商品一覧A
AYNSLEY
エインズレイ
良質の石灰と陶土に恵まれたイギリスのスタフォードシャーに、1775年、ジョン・エインズレイが創設したのが始まりです。「最高の人のための最高のもの」をモットーに、優れた技術者の養成に心血を注ぎました。 商品を買う
商品一覧@

商品一覧A
Spode
スポード
ジョサイヤ2世は、大幅な技術改良によって1800年、優れた透光性と白さを持つボーン・チャイナを完成させ、デザイン面でも改良を加えた。偉業を達成したことで、イギリスはもとより世界的に脚光を浴びた。 商品を買う
商品一覧@

portmeirion
ポートメリオン
比較的新しい陶器会社である。大学で絵画と彫刻を学んだスーザン・ウィリアムス・エリスが夫と二人で、1953年に北ウェールズのポートメリオンヴィレッジに開いた工房兼ショップが始まり。 商品を買う
商品一覧@
MINTON
ミントン
1793年、イギリス陶磁器の中心地で、銅版彫刻師トーマス・ミントンが小さな陶磁器工場を設立したのがミントンの始まり。 商品を買う
商品一覧@

商品一覧A
Royal Albert
ロイヤルアルバート
時を超えて価値の変わらぬ作品を生み出すワイルド親子の夢を基礎とした、高い芸術性と伝統に磨き上げられたクラフトマンシップは、ピュア・ホワイト・ボーン・チャイナの素地に見事に集結している。 商品を買う
商品一覧@

商品一覧A
ROYAL WORCESTER
ロイヤルウースター
英国の陶磁器界で最初の『王室御用達窯』として1789年、時の国王ジョージ3世から、『ロイヤルウォラント』(英国王室御用達勅許状)の授与を受けた名窯の中の名窯です。 商品を買う
商品一覧@

商品一覧A
ROYAL DOULTON
ロイヤルドルトン
ジョン・ドルトンは1815年、ロンドン北東部に家庭向け実用塩釉陶器を生産する小さな窯を開いた。2代目ヘンリーが工業用品に応用、都市計画で重要な位置を占め、装飾陶器でも成功した。 商品を買う
商品一覧@

商品一覧A
                                     
Dresden
ドレスデン
1872年、ドイツ東部の都市ドレスデンで、建築家ヨハン・カール・ゴットリープ・ティーメにより創立された。1874年には有名デザイナーを後継者に迎え、製品の充実が図られた。 商品を買う
商品一覧@

商品一覧A
Villeroy&Boch
ビレロイ&ボッホ
1748年、フランソワ・ボッホがボーン・チャイナの窯を開き、輝くような白さと非常に硬いやきものとして、その製品が評判となった。1791年には、ニコラス・ビレロイが工場を設立。 商品を買う
商品一覧@

商品一覧A
Hutschenreuther
フッチェンロイター
1814年、カルル・マグヌス・フッチェンロイターがドイツ南東部に磁器工場を設立。当時一民間人が窯を開くことは予想外で、磁器製造許可は困難を極めた。1822年に王より開窯許可が下り、その後規模を拡大させた。 商品を買う
商品一覧@

MEISSEN
マイセン
ヨーロッパでは、長い間、中国や日本の磁器は「白い金」と呼ばれ、王侯・貴族の憧れの的であった。その磁器を作ろうと、マイセンは1709年、当時ザクセン選定候アウグスト強王によりドイツ東部のアブルレヒト城で創業する。 商品を買う
商品一覧@

商品一覧A
ROSENTHAL
ローゼンタール
フィリップ・ローゼンタールは1879年、チェコとの国境近くのドイツ屈指の窯業地に創業。デザインの革新性で、一代にして小さな工房を世界的な磁器メーカーへと発展させた。 商品を買う
商品一覧@

                                     
HAVILAND
アビランド
エリゼ宮を始め、ホテル・リッツ、クリヨン、ブリストルなどで使われているリモージュ焼きの有名な高級食器メーカー 商品を買う
商品一覧@
Sevres
セーブル
1738年、王室磁器製造所の必要性を説かれたことからセーブルは始まった。「王室ご用達から王立、そして国立製陶所へ」という歴史的背景からわかるように、その生産量は極めて少なく、人々の目に触れる機会は多くなかった。 商品を買う
商品一覧@

商品一覧A
BERNARDAUD
ベルナルド
フランス磁器の聖地といわれるリモージュで、1863年、レミー・ドゥリニエールにより創業。1900年以降はアメリカを中心とした国外で人気を拡大した。 商品を買う
商品一覧@

                                     
Old Noritake
オールドノリタケ
「世界有数の総合食器メーカー」として語られる一方で、ノリタケには「国内唯一の研削・研磨の総合メーカー」としての顔があります。 商品を買う
商品一覧@

商品一覧A
                                     
RICHARD GINORI
リチャードジノリ
1735年、カルロ・ジノリ伯爵が、イタリアのトスカーナ地方に窯を作ったことに端を発する。原料などの研究を重ね、小作人から選ばれた者を訓練し、陶磁器の生産に努めた。 商品を買う
商品一覧@

商品一覧A
                                     
ARABIA
アラビア
1873年、スウェーデンの陶磁器会社ロールストランドのフィンランド支社として、首都ヘルシンキ郊外で創業。アラビアの工場が出来たのち、そのエリアはそのまま地名となった。 商品を買う
商品一覧@
商品一覧A

                                     
AUGARTIN
アウガルデン
1718年、ヨーロッパで2番目に古い磁器窯として、ハプスブルグ王朝の栄華の中で誕生。1744年には、女帝マリア・テレジアにより皇室直属の磁器窯に命じられ、証としてハプスブルグ皇室の盾型紋章を授かった。 -
                                         
ROYAL COPENHAGEN
ロイヤルコペンハーゲン
1775年、化学者フランツ・ハインリッヒ・ミューラーにより設立。王室の財政的援助を得て、デンマークの首都コペンハーゲンで自国の原料によって硬質磁器の焼成に成功。 商品を買う
商品一覧@

商品一覧A
陶器 /
イギリス[8] ドイツ[5] フランス[3] 日本[1] イタリア[1] スウェーデン[1] オーストリア[1] デンマーク[1] 
COPYRIGHT (C) 2008-2014 World Brand-Shop ALL RIGHTS RESERVED.
HOME